つきよみ劇場

第53回 「ライアンの娘」 
作 : つき爺



「ライオンの薄目」でした。
今回は久しぶりに時事(爺)ねたで行ってみました。(^^ゞ

先日、過去にビデオテープに録ってあったこの作品を2日に分けて見ました。
昔、この作品を劇場で見たのですがその時に自然風景の描写に圧倒された記憶があり是非もう一度見たい映画の一本でありました。
改めて今回見て人間ドラマが展開されていく中での壮大な自然風景、細やかな自然描写に魅せられてしまいました。
もう一つ、デビット・リーン監督の映像にモーリス・ジャールの音楽がそれに加わり最高でした。
この組み合わせは「アラビアのロレンス」「ドクトル・ジバゴ」でもおなじみです。
このD.リーン監督の映画はビデオでのTVではなく映画館の大きなスクリーンでもう一度見てみたい!

次回作も懲りずに見てくださいね!
(ご感想は喫茶室へでもどうぞ!)

  チケット売り場へ戻る     名画座へ戻る

2004/4/19