つきよみ劇場

第18回 「太陽がいっぱい」
作 店主


「『痛いよ〜がいっぱい」でした!

前回の「E.T.」に続いてプロ野球ネタですみません。m(__)m

この映画でアラン・ドロンは二枚目俳優の代名詞となったのではないのでしょうか。
また、ニーノ・ロータのこの美しいメロディーは数ある映画音楽の中でも
名作の一つだと思います。

次回作も懲りずに見てくださいね!
(ご感想は当掲示板でもどうぞ!)

戻る

2001/09/09